2021年10月28日 [Thu] 19:00 ~

飯田泰之 × 井上智洋 飯田と井上の新・経済教養シリーズ#5 所得倍増は可能か? ──日本経済はどこへ行くのか【『ゲンロン12』刊行記念】

 



  • 会場:オンライン
  • 主催:ゲンロンカフェ
  • 出演者など
  • 概要:

    【イベント概要】
    大人気シリーズ第5弾!

    10月31日に投開票を迎える総選挙に向けて、各党・各候補者の議論が活発化しています。自民党は岸田首相のもと、新自由主義からの転換をうたい、大規模な財政出動と分配を掲げています。与党の方針転換により、従来のアベノミクス批判は通用しなくなりました。しかしだからこそ、財政出動が必要という前提のもとに、与野党間で具体的な政策案を議論できる環境が整ったとも言えます。

    政治にはビジョンが求められています。大規模な財政出動をするとして、財源はどこから確保するのか。財政出動に加えて金融緩和を継続すべきなのか。いかにして日本経済をコロナから再生させるのか。議論すべきことは山積みです。

    ゲンロンカフェではすっかりおなじみ、『ゲンロン12』の特集「無料とはなにか」でも大活躍の経済学者コンビが、ノーベル経済学賞で注目を集める最低賃金、『「人新世」の資本論』で提起された脱成長コミュニズムと環境問題の関係など、いま注目すべきホットな話題を踏まえ、広い射程で経済の論点と行く末を語ります。

    ※ 放送のみ(会場は無観客)のイベントです。

    飯田泰之
    Yasuyuki Iida
    エコノミスト。1975年東京生まれ。埼玉県日高市育ち。東京大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科修士課程修了、博士課程単位取得中退、駒澤大学経済学部専任講師・准教授を経て2013年より明治大学政治経済学部准教授。著書に『マクロ経済学の核心』(光文社新書)、『経済学講義』(ちくま新書)、『日本史に学ぶマネーの論理』(PHP研究所)など。


    井上智洋
    Tomohiro Inoue
    駒澤大学経済学部准教授、早稲田大学非常勤講師、慶應義塾大学SFC研究所上席研究員、総務省AIネットワーク化検討会議構成員、AI社会論研究会共同発起人。博士(経済学)。慶應義塾大学環境情報学部卒業。2011年に早稲田大学大学院経済学研究科で博士号を取得。早稲田大学政治経済学部助教、駒澤大学経済学部講師を経て、2017年より同大学准教授。著書に『人工知能と経済の未来』(文春新書)、『MMT 現代貨幣理論とは何か』(講談社選書メチエ)、『純粋機械化経済』(日本経済新聞出版社)など。

  • 申し込みなどの詳細

掲載:
Topページに戻る



New

新着の講演会・トークショー
日時:2022年2月4日(金)、2月18日(金)、2月25日(金)19:00~20:30
聞こえが変わる耳トレ!~耳の感度を上げる小松式メソッドを体験しよう~
エリア:オンライン  会場:オンライン  主催:京都精華大学
日時:2022年2月12日(土)13:30〜15:00
柴崎熊の魅力 〜熊をモチーフとした芸術家〜
エリア:東海  会場:名古屋大学博物館講義室  主催:名古屋大学
日時:2022年1月27日 (木)18:30~20:30(開場 18:10)
「中国は変わらないのか?」 國分 良成 前防衛大学校長 慶應義塾大学名誉教授
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール(JR東京駅丸の内南口から徒歩約1分)  主催:夕学五十講
日時:2022年1月25日 (火)18:30~20:30(開場 18:10)
「ポストコロナを見通す」 落合 陽一 メディアアーティスト
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール(JR東京駅丸の内南口から徒歩約1分)  主催:夕学五十講
日時:2022年1月22日(土)13:30〜15:00
木彫り熊のはじまりと発展 〜北海道八雲町と尾張徳川家の関わり〜
エリア:東海  会場:名古屋大学博物館講義室  主催:名古屋大学