2021年11月25日(木)16:20~17:50

ゲストに李 琴峰さんを迎えて、講演会「「あいうえお」から「芥川賞」まで——言語と文学の冒険の旅路」を開催します

オンライン 文学・音楽・演劇・映画



  • 会場:オンライン
  • 主催:京都精華大学
  • 出演者など
  • 概要:

    【学外の⽅はオンライン聴講のみ・要事前申込】
    本学在学⽣・教職員以外の⽅はオンラインのみで聴講が可能です。聴講には事前に申し込みが必要です。
    こちらのページよりお申し込みください。

    台湾生まれ台湾育ちで、中国語を母語とする李琴峰氏は、15歳で日本語を習い始め、27歳で日本語文学の作家としてデビュー、更には31歳で芥川賞を受賞しました。「あいうえお」を覚えるところから「芥川賞」を射止めるまで、16年——この16年間の言語学習の楽しさや挫折、文学創作の面白さと葛藤、ひいては李琴峰氏が考える日本語の面白さと美しさについて語っていただきます。
    ぜひご覧ください。

    (画像:芥川賞受賞作『彼岸花が咲く島』)

    日程
    11月25日(木)

    時間
    16:20~17:50

    会場
    学外者はオンライン聴講のみ
    出演・出展者
    李 琴峰

    予約

    オンライン聴講 お申し込み
    李 琴峰(作家/日中翻訳家)

    日中二言語作家、翻訳者。1989年台湾生まれ。2013年来日、のち早稲田大学大学院修士課程修了。2017年、初めて第二言語である日本語で書いた小説『独り舞』にて、第60回群像新人文学賞優秀作を受賞し、作家デビュー。2019年、小説『五つ数えれば三日月が』で、第161回芥川龍之介賞、第41回野間文芸新人賞候補になる。2021年、小説『ポラリスが降り注ぐ夜』で、第71回芸術選奨新人賞を受賞。同年、小説『彼岸花が咲く島』で第165回芥川龍之介賞受賞。他の著書に『星月夜(ほしつきよる)』がある。

  • 申し込みなどの詳細

掲載:
Topページに戻る



New

新着の講演会・トークショー
日時:2022年2月4日(金)、2月18日(金)、2月25日(金)19:00~20:30
聞こえが変わる耳トレ!~耳の感度を上げる小松式メソッドを体験しよう~
エリア:オンライン  会場:オンライン  主催:京都精華大学
日時:2022年2月12日(土)13:30〜15:00
柴崎熊の魅力 〜熊をモチーフとした芸術家〜
エリア:東海  会場:名古屋大学博物館講義室  主催:名古屋大学
日時:2022年1月27日 (木)18:30~20:30(開場 18:10)
「中国は変わらないのか?」 國分 良成 前防衛大学校長 慶應義塾大学名誉教授
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール(JR東京駅丸の内南口から徒歩約1分)  主催:夕学五十講
日時:2022年1月25日 (火)18:30~20:30(開場 18:10)
「ポストコロナを見通す」 落合 陽一 メディアアーティスト
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール(JR東京駅丸の内南口から徒歩約1分)  主催:夕学五十講
日時:2022年1月22日(土)13:30〜15:00
木彫り熊のはじまりと発展 〜北海道八雲町と尾張徳川家の関わり〜
エリア:東海  会場:名古屋大学博物館講義室  主催:名古屋大学