2021年7月24日(土曜日)午後2時~午後3時30分

古書で紐解く近現代史セミナー第37回 渋沢栄一と後藤新平 ーその「協業」から近代日本を顧みるー

 



  • 会場:地下1階 日比谷コンベンションホール(大ホール)
  • 主催:日比谷図書文化館
  • 出演者など
  • 概要:

    後藤新平が東京市長に就いてから、100年余りが経ちます。就任の後押しをしたのは渋沢栄一でした。官僚・政治家であった後藤と民間で産業を興した渋沢は、活躍した分野が異なっていたとも言えます。しかし、両者が「協業」をする場面も少なくありませんでした。その検討をするなかで、渋沢と後藤が近代日本で果たした役割を顧みていきます。

    ※今後の新型コロナウィルス感染拡大状況により、変更となる場合がございます。
    あらかじめご了承ください。

    基本情報
    開催日時
    2021年7月24日(土曜日)
    午後2時~午後3時30分

    開催場所
    日比谷図書文化館

    開場時間
    午後1時30分

    会場
    地下1階日比谷コンベンションホール(大ホール)

    ■見城 悌治(けんじょう ていじ)
    1961年、群馬県生まれ。日本近代史専攻。立命館大学大学院博士後期課程満期退学。博士(文学)。千葉大学留学生センター講師などを経て現職。
    著書に、『渋沢栄一-「道徳」と経済のあいだ』(日本経済評論社、2008年)、『近代社会を支える「民」の育成と渋沢栄一』(編著、ミネルヴァ書房、2021年)、『留学生は近代日本で何を学んだのか』(日本経済評論社、2018年)、『近代報徳思想と日本社会』(ぺりかん社、2009年)など

    詳細情報
    定員 60名(事前申込順、定員に達し次第締切)
    会場定員は207名ですが、新型コロナウイルス感染防止対策としてソーシャルディスタンス確保のため定員を少なく設定し、募集を行います。
    参加費 1,000円(千代田区民・学生500円*千代田区民の方は住所が確認できるもの、学生の方は学生証をお持ちください。)
    お申し込み方法 お申し込みフォーム、電話(03‐3502‐3340)いずれかにて、①講座名(または講演会名)、②お名前(よみがな)、③電話番号をご連絡ください。
    *小学生以下のお子さまが参加される場合、保護者の同伴が必要です。(同伴者の方にも参加費が必要です)
    ご来館の皆様へのお願い ・館内では必ずマスクをご着用ください。
    ・ご入館時には手指の消毒、職員による検温、入館票のご記入(「貸出券番号」または「名前と電話番号」)をお願いします。
    お問い合わせ 日比谷図書文化館 03-3502-3340(代表)

  • 申し込みなどの詳細

掲載:
Topページに戻る



New

新着の講演会・トークショー
日時:2021年9月4日(土曜日)午後2時~午後3時30分
特別展「紀伊国屋三谷家コレクション」関連講座 第3回 歌川国芳の武者絵が拓いたもの―スペクタクル&ファンタジー―
エリア:東京  会場:地下1階日比谷コンベンションホール(大ホール)  主催:日比谷図書文化館
日時:2021年9月4日 (土) 11:00 ~ 2022年2月12日 (土) 16:50
社会人向け講座「データサイエンスプロ短期集中コース」受講生募集開始
エリア:福岡  会場:ふくおかアイスト・システム開発技術カレッジ及びオンライン  主催:九州大学
日時:2021年9月19日(日) 15:00~16:30
写真対談「沖縄を『撮る』ということ」石川文洋 ✕ 大城弘明
エリア:沖縄  会場:ジュンク堂書店那覇店  主催:丸善ジュンク堂
日時:2021年9月14日(火)15:00~16:30
CSR/SDGsを通じた持続可能な企業への転換
エリア:大阪  会場:ホテル京阪 京橋 グランデ 7階  主催:大阪商工会議所
日時:2021年8月9日(月) 19:30~
小説『夜行秘密』刊行記念 カツセマサヒコ×町田そのこ(『52ヘルツのクジラたち』)対談
エリア:オンライン  会場:オンライン  主催:丸善ジュンク堂