2021年6月12日(土)14:00–18:00

在来知を通した東日本大震災からの復興

 社会・ノンフィクション



  • 会場:AA研大会議室(303),オンライン開催
  • 主催:東京外国語大学
  • 出演者など
  • 概要:

    ハザード・シンポジウム「在来知を通した東日本大震災からの復興」
    開催日時
    2021年6月12日(土)14:00–18:00

    場所
    AA研大会議室(303),オンライン開催

    内容
    14:00–14:05 西井凉子(AA研所員) 「はじめに――趣旨説明」

    第一部 基調講演
    14:05–14:55 竹沢尚一郎(国立民族学博物館名誉教授)「地域社会・商店街・福島原発事故避難者――東日本大震災以後にやってきたこと」

    第二部 関谷雄一・高倉浩樹(編)『震災復興の公共人類学――福島原発事故被災者と津波被災者との協働』(東京大学出版会,2019)より
    15:10–15:30 関谷雄一(東京大学)
    15:30–15:50 トム・ギル(明治学院大学) 
    15:50–16:10 高倉浩樹(東北大学)
    16:25–16:45 コメント:内山田康(筑波大学名誉教授)
    16:45–18:00 全体討論

    備考
    使用言語:日本語

    参加費:無料

    参加ご希望の方は,こちらのサイトにアクセスしてください(申し込み期限:6月10日 23:59(日本標準時間)まで)。
    https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScyn8mTuryFjFBg00EYpatteou7TdzSZBdg9ZcL_SS0XpcJWA/viewform?usp=sf_link

    新型コロナウイルスの感染状況によってはオンラインのみでの開催となる可能性があります。

    今回のシンポジウムに関する問い合わせ先:hazard.sympo.ilcaa[at]gmail.com ([at]を@に変えて送信してください)

    共催
    科研費基盤 (A) 「人類学的フィールドワークを通じた情動研究の新展開――危機を中心に」(研究代表者:西井凉子 (AA研所員) 課題番号:17H00948),アジア・アフリカ言語文化研究所基幹研究「アジア・アフリカにおけるハザードに対処する『在来知』の可能性の探究――人類学におけるミクロ-マクロ系の連関2」

  • 申し込みなどの詳細

掲載:
Topページに戻る



New

新着の講演会・トークショー
日時:2022年2月4日(金)、2月18日(金)、2月25日(金)19:00~20:30
聞こえが変わる耳トレ!~耳の感度を上げる小松式メソッドを体験しよう~
エリア:オンライン  会場:オンライン  主催:京都精華大学
日時:2022年1月27日 (木)18:30~20:30(開場 18:10)
「中国は変わらないのか?」 國分 良成 前防衛大学校長 慶應義塾大学名誉教授
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール(JR東京駅丸の内南口から徒歩約1分)  主催:夕学五十講
日時:2022年1月25日 (火)18:30~20:30(開場 18:10)
「ポストコロナを見通す」 落合 陽一 メディアアーティスト
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール(JR東京駅丸の内南口から徒歩約1分)  主催:夕学五十講
日時:2022年1月19日 (水)18:30~20:30(開場 18:10)
「効果的な組織・チームのための心理的安全性とリーダーシップとしての心理的柔軟性」 石井 遼介 株式会社ZENTech 取締役・チーフサイエンティスト
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール(JR東京駅丸の内南口から徒歩約1分)  主催:夕学五十講
日時:2022年1月15日
「徳川将軍15代と大奥~時代劇には描かれない将軍とその妻たちの実像~」
エリア:オンライン  会場:オンライン  主催:明治大学リバティアカデミー オープン講座