2021年6月12日(土)14:00–18:00

在来知を通した東日本大震災からの復興

 社会・ノンフィクション



  • 会場:AA研大会議室(303),オンライン開催
  • 主催:東京外国語大学
  • 出演者など
  • 概要:

    ハザード・シンポジウム「在来知を通した東日本大震災からの復興」
    開催日時
    2021年6月12日(土)14:00–18:00

    場所
    AA研大会議室(303),オンライン開催

    内容
    14:00–14:05 西井凉子(AA研所員) 「はじめに――趣旨説明」

    第一部 基調講演
    14:05–14:55 竹沢尚一郎(国立民族学博物館名誉教授)「地域社会・商店街・福島原発事故避難者――東日本大震災以後にやってきたこと」

    第二部 関谷雄一・高倉浩樹(編)『震災復興の公共人類学――福島原発事故被災者と津波被災者との協働』(東京大学出版会,2019)より
    15:10–15:30 関谷雄一(東京大学)
    15:30–15:50 トム・ギル(明治学院大学) 
    15:50–16:10 高倉浩樹(東北大学)
    16:25–16:45 コメント:内山田康(筑波大学名誉教授)
    16:45–18:00 全体討論

    備考
    使用言語:日本語

    参加費:無料

    参加ご希望の方は,こちらのサイトにアクセスしてください(申し込み期限:6月10日 23:59(日本標準時間)まで)。
    https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScyn8mTuryFjFBg00EYpatteou7TdzSZBdg9ZcL_SS0XpcJWA/viewform?usp=sf_link

    新型コロナウイルスの感染状況によってはオンラインのみでの開催となる可能性があります。

    今回のシンポジウムに関する問い合わせ先:hazard.sympo.ilcaa[at]gmail.com ([at]を@に変えて送信してください)

    共催
    科研費基盤 (A) 「人類学的フィールドワークを通じた情動研究の新展開――危機を中心に」(研究代表者:西井凉子 (AA研所員) 課題番号:17H00948),アジア・アフリカ言語文化研究所基幹研究「アジア・アフリカにおけるハザードに対処する『在来知』の可能性の探究――人類学におけるミクロ-マクロ系の連関2」

  • 申し込みなどの詳細

掲載:
Topページに戻る



New

新着の講演会・トークショー
日時:2021年9月4日(土曜日)午後2時~午後3時30分
特別展「紀伊国屋三谷家コレクション」関連講座 第3回 歌川国芳の武者絵が拓いたもの―スペクタクル&ファンタジー―
エリア:東京  会場:地下1階日比谷コンベンションホール(大ホール)  主催:日比谷図書文化館
日時:2021年9月4日 (土) 11:00 ~ 2022年2月12日 (土) 16:50
社会人向け講座「データサイエンスプロ短期集中コース」受講生募集開始
エリア:福岡  会場:ふくおかアイスト・システム開発技術カレッジ及びオンライン  主催:九州大学
日時:2021年8月25日(水)16時30分〜18時00分
シングルセル生物学とデータ解析
エリア:オンライン  会場:オンライン  主催:京都大学
日時:2021年8月17日~9月14日
日本版IR(統合型リゾート)のビジネス展望 ~IR事業にかかわるビジネスパーソンのための実務解説~
エリア:オンライン  会場:オンライン  主催:明治大学
日時:2021年8月14日(土曜日)午後2時~午後3時30分
特別展「紀伊国屋三谷家コレクション」関連講座 第2回 歌舞伎を描く―三谷家所蔵の役者絵と三代豊国―
エリア:東京  会場:地下1階日比谷コンベンションホール(大ホール)  主催:日比谷図書文化館