2021年6月5日(土曜日)午後2時~午後3時30分

古書で紐解く近現代史セミナー第37回 渋沢栄一と後藤新平 ーその「協業」から近代日本を顧みるー

 



  • 会場:地下1階日比谷コンベンションホール(大ホール)
  • 主催:日比谷図書文化館
  • 出演者など
  • 概要:

    古書で紐解く近現代史セミナー第37回
    渋沢栄一と後藤新平
    ーその「協業」から近代日本を顧みるー

    後藤新平が東京市長に就いてから、100年余りが経ちます。就任の後押しをしたのは渋沢栄一でした。官僚・政治家であった後藤と民間で産業を興した渋沢は、活躍した分野が異なっていたとも言えます。しかし、両者が「協業」をする場面も少なくありませんでした。その検討をするなかで、渋沢と後藤が近代日本で果たした役割を顧みていきます。

    基本情報
    開催日時
    2021年6月5日(土曜日)
    午後2時~午後3時30分

    開催場所
    日比谷図書文化館

    開場時間
    午後1時30分

    会場
    地下1階日比谷コンベンションホール(大ホール)

    講師:見城 悌治(千葉大学大学院国際学術研究院 教授)
    ■見城 悌治(けんじょう ていじ)
    1961年、群馬県生まれ。日本近代史専攻。立命館大学大学院博士後期課程満期退学。博士(文学)。千葉大学留学生センター講師などを経て現職。
    著書に、『渋沢栄一-「道徳」と経済のあいだ』(日本経済評論社、2008年)、『近代社会を支える「民」の育成と渋沢栄一』(編著、ミネルヴァ書房、2021年)、『留学生は近代日本で何を学んだのか』(日本経済評論社、2018年)、『近代報徳思想と日本社会』(ぺりかん社、2009年)など

  • 申し込みなどの詳細

掲載:
Topページに戻る



New

新着の講演会・トークショー
日時:2021年9月4日(土曜日)午後2時~午後3時30分
特別展「紀伊国屋三谷家コレクション」関連講座 第3回 歌川国芳の武者絵が拓いたもの―スペクタクル&ファンタジー―
エリア:東京  会場:地下1階日比谷コンベンションホール(大ホール)  主催:日比谷図書文化館
日時:2021年9月4日 (土) 11:00 ~ 2022年2月12日 (土) 16:50
社会人向け講座「データサイエンスプロ短期集中コース」受講生募集開始
エリア:福岡  会場:ふくおかアイスト・システム開発技術カレッジ及びオンライン  主催:九州大学
日時:2021年8月25日(水)16時30分〜18時00分
シングルセル生物学とデータ解析
エリア:オンライン  会場:オンライン  主催:京都大学
日時:2021年8月17日~9月14日
日本版IR(統合型リゾート)のビジネス展望 ~IR事業にかかわるビジネスパーソンのための実務解説~
エリア:オンライン  会場:オンライン  主催:明治大学
日時:2021年8月14日(土曜日)午後2時~午後3時30分
特別展「紀伊国屋三谷家コレクション」関連講座 第2回 歌舞伎を描く―三谷家所蔵の役者絵と三代豊国―
エリア:東京  会場:地下1階日比谷コンベンションホール(大ホール)  主催:日比谷図書文化館