2021年5月21日(金)17:00-19:00

《コロナ禍とジェンダー》 第2回「コロナ禍と女性の雇用を考える」

オンライン 社会・ノンフィクション



  • 会場:オンライン
  • 主催:名古屋大学
  • 出演者など
  • 概要:

    GRLでは、連続セミナー《コロナ禍とジェンダー》を開催いたします。

    第2回:「コロナ禍と女性の雇用を考える」
    日時:2021年5月21日(金)17:00-19:00
    講師:和田肇 名古屋大学名誉教授

    どなた様でもご参加いただけます。ぜひ、ご参加ください。
    事前申込みフォーム  https://ssl.form-mailer.jp/fms/5c550526698534  よりお申込みください。

    コロナ禍と女性の雇用を考える
    講師:和田肇氏 名古屋大学 名誉教授
    プロフィール:専門は労働法。労働時間、休暇、ワーク・ライフ・
    バランス、雇用形態の多様化と平等、日独労働法比較などが研究テーマ。
    最近の著書として、和田肇(編著)『コロナ禍に立ち向かう働き方と
    法』(日本評論社、2021年)、和田肇・緒方桂子(共編著)『労働法・
    社会保障法の持続可能性』(旬報社、2020年)、和田肇『労働法の
    復権』(日本評論社、2016年)など。

    司会:新井美佐子氏 名古屋大学大学院人文学研究科 准教授

  • 申し込みなどの詳細

掲載:
Topページに戻る



New

新着の講演会・トークショー
日時:22021年3月5日(金)
「イスラーム信頼学」キックオフ・シンポジウム
エリア:  会場:オンライン  主催:東京外国語大学
日時:2021年7月8日(木曜日)午後2時~午後3時30分
難読漢字を深堀りする 第2回「動植物の難読漢字を読み解く」
エリア:東京  会場:地下1階日比谷コンベンションホール(大ホール)  主催:日比谷図書文化館
日時:2021年6月5日(土曜日)午後2時~午後3時30分
古書で紐解く近現代史セミナー第37回 渋沢栄一と後藤新平 ーその「協業」から近代日本を顧みるー
エリア:東京  会場:地下1階日比谷コンベンションホール(大ホール)  主催:日比谷図書文化館
日時:2021年6月3日19:00~20:30
多死社会に必要とされる人財力
エリア:オンライン  会場:オンライン  主催:明治大学
日時:2021年6月27日(日曜日)午後2時~午後3時30分
加藤浩子が語る特別連続講座(全2回) ――名作オペラで知る歴史「後編」
エリア:東京  会場:地下1階日比谷コンベンションホール(大ホール)  主催:日比谷図書文化館