2021年1月15日 10時30分〜12時

東京大学×日本証券業協会 大学債/ソーシャルボンド カンファレンス

 



  • 会場:太陽生命日本橋ビル26階大会議室(東京都中央区日本橋2-11-2、受付6階) 及びZOOMによるウェビナー ※新型コロナウイルス感染症の流行状況を鑑み、オンラインのみの開催とする場合もあります。
  • 主催:東京大学
  • 出演者など
  • 概要:

    対象者 社会人・一般 / 在学生 / 卒業生 / 企業
    開催日 2021年1月15日 10時30分 — 12時
    開催場所 その他学内・学外
    会場 太陽生命日本橋ビル26階大会議室(東京都中央区日本橋2-11-2、受付6階)
    及びZOOMによるウェビナー
    ※新型コロナウイルス感染症の流行状況を鑑み、オンラインのみの開催とする場合もあります。
    参加費 無料
    申込方法 要事前申込
    以下の参加申込フォームからお申し込みください。
    https://webform.adm.u-tokyo.ac.jp/Forms/1605684760/

    申込受付期間 2020年12月18日 — 2021年1月13日
    概要
    リーフレット
    東京大学が2020年10月、東京大学FSI債をソーシャルボンドとして200億円発行し、複数の新聞・メディア等で報道され、多くの反響を呼んでいる。また、2020年のソーシャルボンド国内公募発行額は8,000億円を超え、前年発行額を上回るなど、本国ソーシャルボンド市場は広がりをみせつつある。
    そこで今回、東京大学と日本証券業協会の共催により、大学債の社会的意義、大学の資金調達手段としての債券の役割、大学債のソーシャル性・SDGsとの整合性、ソーシャルボンドの現状と課題等といった内容をテーマにしたカンファレンスを、ハイブリッド方式により開催する。

    内容
    歓迎・開会挨拶
     ・東京大学 総長 五神 真   
     ・日本証券業協会 会長 鈴木 茂晴
    基調講演:東京大学FSI債(東大債)発行の意義
     ・東京大学 副学長 坂田 一郎
    講演:SDGs債 特にソーシャルボンドの意義
     ・日本証券業協会 副会長・専務理事 SDGs推進本部副本部長  岳野 万里夫
    パネルディスカッション:
     大学債発行の実際、市場の反応、今後の課題
    モデレーター:
     ・日本証券業協会 特別顧問 川村 雄介
    パネリスト:
     ・東京大学 副理事(財務制度改革、資金・資産運用)平野 浩之
     ・株式会社日本格付研究所サステナブル・ファイナンス評価部長、
      チーフ・サステナブルファイナンス・アナリスト 梶原 敦子氏
     ・文部科学省 国立大学法人法 改正等担当者(調整中)
     ・大和証券株式会社デット・キャピタルマーケット部 オリジネーション課 米上 広成氏
    質疑応答:モデレーター、パネリストに対する質疑応答

  • 申し込みなどの詳細

掲載:
Topページに戻る



New

新着の講演会・トークショー
日時:2021年5月16日(日)
増田俊樹写真集発売記念イベント
エリア:東京  会場:東京・都内某所   主催:書泉
日時:2021年3月13日(土)19:00~
高橋達史教授退任記念講演会「『映画以前』~西洋絵画における「時間の暗示」の歴史~」《オンライン開催》
エリア:オンライン  会場:オンライン  主催:青山学院大学
日時:2021年2月9日 (火)18:30~20:30(開場 18:10)
コロナ禍と米国大統領戦後の世界の読み方
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール  主催:慶應丸の内シティキャンパス
日時:2021年2月5日(金) 14:00~17:25
スマートシティが拓く「NAGOYAの未来」
エリア:オンライン  会場:オンライン  主催:名古屋大学