2021年2月26日(金曜日)午後7時~午後8時30分

これからの書店 図書館 出版社 取次 日本の本屋を考える 明治の座売りからインターネット書店へ

東京 本・雑誌



  • 会場:地下1階 日比谷コンベンションホール(大ホール)
  • 主催:日比谷図書文化館
  • 出演者など
  • 概要:

    近年の書店の状況についてはさまざまに報道がなされ、日比谷カレッジ「これからの書店 図書館 出版社 取次」のシリーズでも多くの講師の方がそれぞれの立場でお話をしてこられました。本講座では「危機にある書店」の解決策をあれこれ議論するというよりも、そもそも日本において本屋とはどのような特徴をもち、私たちにとっていかなる場所であったのかに焦点を当てます。

    明治初期の座売り書店から近代の書店、さらには戦後の書店のスタイルや配置の変化、インターネット書店やセレクトショップなどがどのような道筋の上にあるのかなど、図版をまじえながら、あらためて考えてみたいと思います。

    【申込開始】1月12日(火曜日)

    今後の新型コロナウイルス感染拡大状況により、変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

    基本情報
    開催日時
    2021年2月26日(金曜日)
    午後7時~午後8時30分

    開催場所
    日比谷図書文化館

    開場時間
    午後6時30分

    会場
    地下1階
    日比谷コンベンションホール(大ホール)

    講師:柴野 京子(上智大学文学部新聞学科准教授) 
    ■柴野 京子(しばの きょうこ)
    出版取次会社勤務ののち、2011年、東京大学大学院学際情報学府博士課程満期退学(社会情報学修士)。東京大学大学院人文社会系研究科特任助教を経て、2012年より現職。NPO法人本の学校、NPOブックスタート、デジタルアーカイブ学会理事。主著に『書棚と平台――出版流通というメディア』『書物の環境論』(いずれも弘文堂)、共編著に『公共図書館の冒険』(みすず書房)、『文化社会学の条件』(日本出版センター)ほか

  • 申し込みなどの詳細

掲載:
Topページに戻る



New

新着の講演会・トークショー
日時:2021年5月16日(日)
増田俊樹写真集発売記念イベント
エリア:東京  会場:東京・都内某所   主催:書泉
日時:2021年3月13日(土)19:00~
高橋達史教授退任記念講演会「『映画以前』~西洋絵画における「時間の暗示」の歴史~」《オンライン開催》
エリア:オンライン  会場:オンライン  主催:青山学院大学
日時:2021年2月9日 (火)18:30~20:30(開場 18:10)
コロナ禍と米国大統領戦後の世界の読み方
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール  主催:慶應丸の内シティキャンパス
日時:2021年2月5日(金) 14:00~17:25
スマートシティが拓く「NAGOYAの未来」
エリア:オンライン  会場:オンライン  主催:名古屋大学