2020年2月14日[Fri]19:00 ~ 21:30(開場18:00)

当事者研究はどこへ向かうのか──身体優位の時代の先へ #2

 



  • 会場:ゲンロンカフェ
  • 主催:ゲンロンカフェ
  • 出演者など:  伊藤亜紗 × 斎藤環 × 與那覇潤
  • 概要:

    【イベント概要】
    2019年5月8日ゲンロンカフェにて、
    斎藤環 × 與那覇潤「身体優位の時代の先へ──「平成の鬱」とその処方箋」を開催しました。
    このイベントは、與那覇氏が自身の病気の体験と、平成における日本、
    そして世界の変動を重ねて論じた著作『知性は死なない――平成の鬱をこえて』刊行記念として、
    「ALL REVIEWS」に同書の書評も寄せられた、
    精神科医・批評家の斎藤環さんとの公開対談イベントとしておこないました。

    「令和の幕開けに際して『平成の鬱』を乗り越えるための処方箋を探る」と語りかけることからはじまったこのイベントは、
    病、精神と身体についての言及方法論から、当事者研究について、
    またはコミュニケーションについてなど、様々なテーマで議論がおこなわれ大きな反響を呼びました。
    そして今回、観客からの熱いリクエストにこたえて、第二回の開催が決定ーー!!
    ゲストには、前回のイベントでも言及のあった『どもる体』(医学書院)、
    そして近刊の話題書『記憶する体』(春秋社)などを通し、
    従来の医学的・心理的アプローチとはまったく違う視点から、
    吃音や視覚障害、麻痺や幻肢痛、認知症などについて言葉を紡いできた伊藤亜紗さんです!
    精神科医として臨床現場に立ち続ける一方、
    『社会的ひきこもり』(1998年)、『心理学化する社会』(2003年)、
    『ヤンキー化する日本』(2014年)など数々の著作で平成日本を分析し、
    また近年では「オープンダイアローグ」の手法と思想を通じて、
    精神疾患と国内の医療現場にアプローチしている斎藤環さん。
    そして、ベストセラーとなった『中国化する日本』(2011年)で、
    歴史学者として一躍名を馳せ、若くして頭角を現し気鋭の論客と呼ばれたが、
    2014年に双極性障害(躁うつ病)を発症し、のち勤務先の大学を辞職。
    病気の体験と、平成における日本、そして世界の変動を重ねて論じた著作
    『知性は死なない――平成の鬱をこえて』(2018年)を2018年に刊行された與那覇潤さん。
    2019年にはまさに平成の鬱をこえ、『歴史がおわるまえに』(亜紀書房)を刊行されました。
    この三名で「当事者研究はどこにあるのか」、
    そして、身体優位の時代にいかにして思考を展開することができるか、
    病/心と身体をこれからどのように論じることができるか、
    歴史、思想と往復しながら、たっぷりとお話いただきます。
    ぜひ会場にて、生の議論をお聞きください。ご来場をお待ちしております!

  • 申し込みなどの詳細

掲載:
Topページに戻る



New

新着の講演会・トークショー
日時:2021年2月9日 (火)18:30~20:30(開場 18:10)
コロナ禍と米国大統領戦後の世界の読み方
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール  主催:慶應丸の内シティキャンパス
日時:2021年2月1日 (月)18:30~20:30(開場 18:10)
コロナショックとコーポレート・トランスフォーメーション
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール  主催:慶應丸の内シティキャンパス
日時:2021年1月26日 (火)18:30~20:30(開場 18:10)
経営視点で捉えるファイナンス
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール  主催:慶應丸の内シティキャンパス
日時:2021年1月19日 (火)18:30~20:30(開場 18:10)
55万人の評価データから分かった、評価改革の落とし穴
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール  主催:慶應丸の内シティキャンパス
日時:2021年1月13日 (水)18:30~20:30(開場 18:10)
海を越えた最初の日本列島人 ~実験航海で探る3万年前の挑戦~
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール  主催:慶應丸の内シティキャンパス