2020年2月19日(水)

2020年の世界経済見通しと大阪ベイエリアへの影響

 



  • 会場:大阪トヨペットビル 8階 第5会議室
  • 主催:大阪商工会議所
  • 出演者など
  • 概要:

    日本経済、とりわけ大阪経済は、貿易や人の交流を通じて海外と深くつながり、その恩恵を受けてきました。近年は、これまで海外とは無縁と思われてきたローカルな小売・サービス業にまで、インバウンドの利益が及んでいます。一方でそれは、直接的な海外取引の有無にかかわらず、あらゆるビジネスが世界情勢に大きく左右されることを意味します。
     そこでこのたび、丸紅経済研究所チーフ・エコノミストの榎本裕洋氏をお迎えし、「2020年の世界経済見通しと大阪ベイエリアへの影響」と題して、ご講話いただくことにいたしました。
     日本を代表する総合商社・丸紅のグローバルネットワークを生かし、「大阪ベイエリア経済にはどんな影響があるか」という観点から、皆様のビジネスに直結する最新の世界経済情勢についてわかりやすい解説をいただきます。資源・エネルギー・食糧から、各国のキャッシュレス決済の普及状況まで幅広く精通する榎本氏のお話は、特に製造業、生活関連産業、小売・インバウンド関連産業の皆様には必聴です。前回(2019年2月)も、大変な好評をいただきました。

    開催日時
    2020年2月19日(水)

    開催時間 等
    午後2時30分 ~ 同4時

    場所
    大阪トヨペットビル 8階 第5会議室
    大阪市西区立売堀3丁目1−1
    (地下鉄中央線阿波座駅徒歩2分)

    対象
    全対象向け

    主催
    大阪商工会議所 西支部

    参加費
    会員・非会員とも無料

    講師
    丸紅経済研究所 経済調査チーム長 兼 チーフ・エコノミスト
    榎本 裕洋 氏
    1971年生。1995年大阪外国語大学ロシア語学科卒業後、丸紅入社。木材建材第二部、業務部を経て、2001年より丸紅経済研究所。2015~17年経済同友会出向。著書に『ロシア連邦がよ~くわかる本』(秀和システム)、『絵でみる食糧ビジネスのしくみ』(共著・日本能率協会マネジメントセンター)、『資源をよむ』(共著・日本経済新聞社)、『最新総合商社の動向とカラクリがよ~くわかる本』(共著・秀和システム)。

    定員
    50名

    お問い合わせ先
    大阪商工会議所西支部 担当(高橋)Tel.06-6539-1666

  • 申し込みなどの詳細

掲載:
Topページに戻る



New

新着の講演会・トークショー
日時:2020年7月18日(土)13:30~15:00
臨床考古学と基礎考古学 -名大考古学講座の歩みから
エリア:東海  会場:名古屋大学博物館講義室  主催:名古屋大学
日時:2020年7月18日(土)13:30~15:00
7基のピラミッドの3D計測調査と建造研究
エリア:東海  会場:名古屋大学博物館講義室  主催:名古屋大学
日時:2020年5月2日(土) 14:00~
白川義員写真展 永遠の日本/天地創造 白川義員:前人未到の旅路を行く~創作の軌跡~
エリア:東京  会場:1階ホール  主催:東京都写真美術館
日時:2020年5月27日(水)18:30~(開場18:00)
もしも私が女なら~シェイクスピア劇におけるジェンダーとセクシュアリティ
エリア:東京  会場:早稲田大学小野記念講堂  主催:早稲田大学演劇博物館
日時:2020年5月15日(金) 17:30開場、18:30開演、20:30終演(予定)
妹島和世+西沢立衛/SANAA講演会「環境と建築」CPD認定プログラム申請中
エリア:東京  会場:有楽町朝日ホール  主催:TOTOギャラリー