2019年11月11日 Mon

ヤマザキマリ×とり・みき「ギリシアだよ、全員集合!」『プリニウス9』(新潮社)刊行記念

 



  • 会場:本屋B&B 世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
  • 主催:東京・下北沢 本屋B&B
  • 出演者など
  • 概要:

    マンガ『プリニウス』の第9巻が、2019年11月9日に発売されます。

    これを記念して、作者のヤマザキマリさんと、とり・みきさん(コンビ名「とりマリ」)によるトーク&サイン会を開催いたします。

    第9巻では、皇帝ネロ、智臣ウェスパシアヌス、奸臣ティゲリヌス、古代ローマ随一の名将・コルブロ、そしてプリニウス一行と、主要登場人物が続々とギリシアに上陸。饗宴に浮かれるネロをよそに、風雲急を告げる帝都ローマ。再会と別れ、ときどき格闘……。ますますドライブしていく展開に目が離せません!

    ※著者のサインは、B&Bで購入された書籍のみとさせていただきます。また、サイン時における絵柄のリクエストなどについてはお受けできません。ご了承ください

    【出演者プロフィール】
    ヤマザキマリ
    マンガ家。1967年4月20日東京都出身。84年に渡伊、フィレンツェの国立アカデミア美術学院に入学。美術史・油絵を専攻。97年にマンガ家としてデビュー。2010年古代ローマを舞台にした漫画『テルマエ・ロマエ』で第3回マンガ大賞受賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞、世界8カ国語に翻訳される。平成27年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。2017年には、イタリア共和国星勲章コメンダトーレ綬章。著書に『ルミとマヤとその周辺』『スティーブ・ジョブズ』『オリンピア・キュクロス』など。文筆作品では『ヴィオラ母さん』『パスタぎらい』など。

    とり・みき
    マンガ家。1958年2月23日熊本県生まれ。79年「少年チャンピオン新人まんが賞」応募作の『ぼくの宇宙人』が佳作第一席に入りデビュー。以後ギャグマンガをメインにしながら、エッセイコミックやシリアスなSF・ホラー物も手がける。94年『DAI-HONYA』98年『SF大将』で星雲賞、95年『遠くへいきたい』で文藝春秋漫画賞を受賞。主な作品に『クルクルくりん』『愛のさかあがり』『石神伝説』『冷食捜査官』『メカ豆腐の復讐』などがある。マンガ以外に『とり・みきの映画吹替王』『街角のオジギビト』などの研究書も。劇場版アニメ『WXIII機動警察パトレイバー』では脚本も担当。

  • 申し込みなどの詳細

掲載:
Topページに戻る



New

新着の講演会・トークショー
日時:2020年2月29日13:00~14:30
東京2020オリンピック・パラリンピックの視点 2020年以後の日本のあり方
エリア:東京  会場:中野キャンパス  主催:明治大学
日時:2020年2月22日13:00~16:30
紀州徳川家シンポジウム「紀州徳川家とその時代」
エリア:東京  会場:明治大学 駿河台キャンパス アカデミーコモン3階 アカデミーホール  主催:明治大学
日時:2020年1月9日(木)18:30~20:30(開場 18:10)
「ソーシャルメディア時代の政治と民主主義~その現状と課題~」
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール(JR東京駅丸の内南口から徒歩約1分)  主催:慶應丸の内シティキャンパス
日時:2020年1月8日(水)16:30~18:30
竹宮惠子講演会
エリア:近畿  会場:京都精華大学  主催:京都精華大学
日時:2020年1月31日(金)18:30~20:30(開場 18:10)
「好きなこと“も”仕事にする パラレルキャリアという働き方」
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール(JR東京駅丸の内南口から徒歩約1分)  主催:慶應丸の内シティキャンパス