2019年11月10日 Sun

英国王立スコットランド音楽院同窓生「スコットランド音楽入門 トーク&フィドル・ハープ・ライヴ」

 



  • 会場:本屋B&B 世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
  • 主催:東京・下北沢 本屋B&B
  • 出演者など
  • 概要:

    アイルランドのお隣、イギリスの北部に位置するスコットランド。今、スコットランド伝統音楽が熱いのはご存知でしょうか? 

    シーンの活性を支えているのは多くの若手奏者たち。その発信地となっているのが、英国王立スコットランド音楽院(Royal Conservatoire of Scotland)、通称RCS。今回はRCS出身の新星達が伝える、今を切り取る現在進行形のスコティッシュ・ミュージックに密着します。

    伝統あるオークニー島の音楽を継承する若きフィドラー、キャメロン・ニュエル。日本人でありながら新設ハープ・コンテストで優勝を果たしたハーパー、松岡莉子。二人はRCSの同窓です。

    ニュエルの来日、松岡の帰国に合わせてRCS同窓生たちによる、トークショー&ライヴが実現しました。貴重な機会となります。ぜひご参加ください。

    前半はトークショー。RCSの体験を語っていただきます。聞き手はおおしまゆたかとトシバウロン。Q&Aコーナーも設けますので、留学を考えている方はぜひ。

    後半はライヴ。最高の相性とされるフィドルとハープが織りなすサウンドで、スコティッシュの伝統音楽とオリジナル曲を存分にお楽しみください。

    【出演者プロフィール】
    キャメロン・ニュエル(Cameron Newell)
    スコットランド、エジンバラ出身のフィドル奏者。伝統音楽が盛んなオークニー諸島出身の母親の影響を受け5歳からフィドルを始める。オークニー諸島の伝統的なスタイルが反映された彼の演奏は高い評価を受けている。2017年、シンガーソングライターのアミー・ヒルとアルバム「Getting Ready for a Swim」をリリース。2019年5月には、エジンバラを拠点としたバンド「Sanna」のデビューアルバムにフィドル奏者として参加。現在、英国王立スコットランド音楽院、伝統音楽学科の修士課程に所属し、アリスター・マカロック(Alistair McCulloch)のもとで研鑽を積んでいる。

    松岡莉子(まつおか・りこ)
    ケルティック・ハープ奏者。英国王立スコットランド音楽院(Royal Conservatoire of Scotland)スコットランド伝統音楽学科修士課程を2019年に修了。2018年、英国スコットランドで開かれた英国最大のケルティックハープのコンクール”The Princess Margaret of the Isles Memorial Prize for Senior Clàrsach”にて優勝。スコットランドで毎年行われるケルト音楽の祭典「ケルティックコネクション」や世界最大規模のハープの祭典「エディンバラハープフェスティバル」へ出演するなど、スコットランド現地においても活躍を続けている。

    トシバウロン
    日本では数少ないバウロン専門のプレーヤー。他の楽器と波長を合わせグルーヴを作り出すことに長けているが首が曲がりメガネが弾け飛ぶほどダイナミックな動きには賛否両論がある。2000年冬アイルランド留学中にアイリッシュ音楽を始めパブ・セッションで研鑽を積む。現在東京にてJohn John Festivalを軸に多様な活動を展開中。2012年スペイン国際ケルト音楽フェスでHarmonica Creamsとして日本人初の優勝を果たす。葉加瀬太郎、鬼束ちひろのレコーディングにも参加。アイリッシュミュージック専門イベント企画やCD販売レーベル「TOKYO IRISH COMPANY」を主宰する。
    公式サイト:http://www.t-bodhran.com/

    おおしまゆたか
    ヨーロッパの伝統音楽をこよなく愛する翻訳家。著書に『ギネスの哲学』(英治出版)、『聴いて学ぶアイルランド音楽』(アルテスパブリッシング)、『アイルランド 社会と文化1922~85年』(国文社)、『アイリッシュハートビート ザ・チーフタンズの軌跡 』(音楽之友社)、『アイリッシュ・ソウルを求めて』(大栄出版)があるほか、『ラーマーヤナ』(ポプラ社)、『驚異の発明家の形見函』(東京創元社)など多くの翻訳を手がけている。
    ブログ:http://blog.livedoor.jp/yosoys/

  • 申し込みなどの詳細

掲載:
Topページに戻る



New

新着の講演会・トークショー
日時:2020年2月29日13:00~14:30
東京2020オリンピック・パラリンピックの視点 2020年以後の日本のあり方
エリア:東京  会場:中野キャンパス  主催:明治大学
日時:2020年2月22日13:00~16:30
紀州徳川家シンポジウム「紀州徳川家とその時代」
エリア:東京  会場:明治大学 駿河台キャンパス アカデミーコモン3階 アカデミーホール  主催:明治大学
日時:2020年1月9日(木)18:30~20:30(開場 18:10)
「ソーシャルメディア時代の政治と民主主義~その現状と課題~」
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール(JR東京駅丸の内南口から徒歩約1分)  主催:慶應丸の内シティキャンパス
日時:2020年1月8日(水)16:30~18:30
竹宮惠子講演会
エリア:近畿  会場:京都精華大学  主催:京都精華大学
日時:2020年1月31日(金)18:30~20:30(開場 18:10)
「好きなこと“も”仕事にする パラレルキャリアという働き方」
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール(JR東京駅丸の内南口から徒歩約1分)  主催:慶應丸の内シティキャンパス