2019年11月10日(日)14時00分~(開場13時30分)

青土社50周年記念 トークイベント第二弾『ユリイカ』2019年12月臨時増刊号「装幀者・菊地信義」(青土社)刊行記念 菊地信義さん×水戸部功さんトーク&サイン会『「装幀」から、いま「本」とは何かを考える』

 



  • 会場:東京堂書店
  • 主催:東京堂書店
  • 出演者など: 菊地信義(きくち・のぶよし)
  • 概要:

    これまで1万5000冊以上を装幀してきた菊地信義。ブックデザインの可能性を切りひらき、1970年代から現在までまさに第一線で活躍しつづけている。「本」やメディアのありかたが大きく変わろうとしているいま、菊地信義の思想と美学は、まさに「本」とはなにかという問題に対するひとつの答えを提示してくれるのではないか。気鋭の装幀家である水戸部功という最良の聞き手を得て、「本」の魅力と可能性、そして未来までも語りつくす。

    ≪プロフィール≫
    菊地信義(きくち・のぶよし)
    1943年生まれ。多摩美術大学中退。1977年装幀家として独立。1984年第22回藤村記念歴程賞、1988年第19回講談社出版文化賞。講談社文庫、講談社文芸文庫、平凡社新書、現代詩文庫のフォーマットや、「古井由吉作品」、『澁澤龍彦全集』『新編 日本古典文学全集』等を手がける。
    主要著書に『菊地信義 装幀の本』(リブロポート、1989年)、『装幀=菊地信義の本』(講談社、1997年)、『樹の花にて』(白水社、1993年)、『新・装幀談義』(白水社、2008年)、『菊地信義の装幀』(集英社、2014年)、『装幀の余白から』(白水社、2016年)等。

    水戸部功(みとべ・いさお)
    1979年生まれ。2002年多摩美術大学卒業。在学中から装幀の仕事をはじめ、現在に至る。2004年造本装幀コンクール展 審査委員奨励賞受賞。2011年第42回講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。

    開催日時:2019年11月10日(日) 14時00分~(開場13時30分)
    開催場所:東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール
    参加費: おひとり様1,000円(要予約)
    予約方法:メール・店頭・電話

    ・メールでご予約の場合
    上記「お申し込みはこちら」のリンク先専用応募フォームからお申し込みください。
    ・店頭または電話でご予約の場合
    イベント名・お名前・電話番号・参加人数をお知らせください。
           ご予約受付電話番号:03-3291-5181
    ※当日12:00より1階レジカウンターにて受付を行います。 受付時にお渡しするイベントチケットは6階入口にて係員にご提示いただきますのでそのままお持ちください。
    ※6階には待機場所を設けておりませんので、開場時間前に6階へお上がりいただくのはご遠慮ください。
    ※会場での書籍のご購入は現金のみの対応となっており、クレジットカード・図書カード・電子マネー等でのお支払いはできません。また、東京堂のポイントカードへのポイント付与もできませんので予めご了承ください。
    ※やむを得ずキャンセルされる場合は、お手数ではございますが電話またはメール(shoten@tokyodo-web.co.jp)にてご予約のお名前・イベント名をご連絡ください。

  • 申し込みなどの詳細

掲載:
Topページに戻る



New

新着の講演会・トークショー
日時:2020年2月29日13:00~14:30
東京2020オリンピック・パラリンピックの視点 2020年以後の日本のあり方
エリア:東京  会場:中野キャンパス  主催:明治大学
日時:2020年2月22日13:00~16:30
紀州徳川家シンポジウム「紀州徳川家とその時代」
エリア:東京  会場:明治大学 駿河台キャンパス アカデミーコモン3階 アカデミーホール  主催:明治大学
日時:2020年1月9日(木)18:30~20:30(開場 18:10)
「ソーシャルメディア時代の政治と民主主義~その現状と課題~」
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール(JR東京駅丸の内南口から徒歩約1分)  主催:慶應丸の内シティキャンパス
日時:2020年1月8日(水)16:30~18:30
竹宮惠子講演会
エリア:近畿  会場:京都精華大学  主催:京都精華大学
日時:2020年1月31日(金)18:30~20:30(開場 18:10)
「好きなこと“も”仕事にする パラレルキャリアという働き方」
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール(JR東京駅丸の内南口から徒歩約1分)  主催:慶應丸の内シティキャンパス