2019年7月12日(金) 19:30~21:00(開場19:15)

『一目置かれる知的教養 日本美術鑑賞』刊行記念  東京藝大美術館館長が知っている、日本美術を最高に楽しむ方法

 



  • 会場:2階 ダイニング
  • 主催:二子玉川 蔦屋家電
  • 出演者など
  • 概要:

    『一目置かれる知的教養 日本美術鑑賞』(大和書房)の刊行を記念し、著者の秋元雄史さん(東京藝術大学大学美術館・館長)によるトークイベントを開催します。

    「日本の美術って、正直シブいよね。何から楽しめばいいの…?」
    日本美術に対してそう思っていたら、じつにもったいないことです。
    日本美術は、西洋美術にまったく引けをとらない、個性的で、じつに豊かな表現を持っているものです。
    ただし、その「読み解き方」を知ってるかどうかで、楽しめる幅が大きく変わります。
    今回は、これから日本美術を楽しみたい人に向けて、

    ●数ある日本美術の中で、まず何から観たらいいのか?
    ●日本美術の特徴を一気につかむための見方とは?
    ●日本美術と西洋美術、その違いと意外なつながりとは?
    ●現代で活躍する日本人アーティストにも継承されているものとは?

    といったことを中心にお話いただきます。
    国内外から絶大な人気の直島・地中美術館、金沢21世紀美術館の館長を歴任してきた秋元さんだからこそ知っている、「世界標準の楽しみ方」を学んで、この夏の美術鑑賞を楽しみましょう!

    【プロフィール】
    秋元雄史(あきもと・ゆうじ)東京藝術大学大学美術館館長/練馬区立美術館館長
    1955年東京都生まれ。東京藝術大学美術学部絵画科卒業後、1991年よりベネッセアートサイト直島に関わり、2004年より地中美術館館長、ベネッセアートサイト直島・アーティスティックディレクター兼務。2007年から10年間、金沢21世紀美術館館長を務めた後、現職。現在、東京オリンピック・パラリンピックの文化・教育委員会委員。

    日程 2019年7月12日(金) 時間 19:30~21:00(開場19:15) 場所 2階 ダイニング 定員 50名 参加費 ①書籍『一目置かれる知的教養 日本美術鑑賞』付きイベント参加券:1,836円(税込)
    ②イベント参加券:1,000円(税込) 申込方法 ECサイト「T-SITE SHOPPING 二子玉川 蔦屋家電」で①書籍付きイベント参加券https://store.shopping.yahoo.co.jp/ftk-tsutayaelectrics/mbk9784479393238.html
    または②https://store.shopping.yahoo.co.jp/ftk-tsutayaelectrics/mbk2002235033530.html
    をご購入ください。2階 BOOKレジ、お電話でもご予約を承ります 主催 二子玉川 蔦屋家電 BOOK 協力 大和書房 問い合わせ先 03-5491-8550
    (二子玉川 蔦屋家電 BOOK)

  • 申し込みなどの詳細

掲載:
Topページに戻る



New

新着の講演会・トークショー
日時:2020年2月29日13:00~14:30
東京2020オリンピック・パラリンピックの視点 2020年以後の日本のあり方
エリア:東京  会場:中野キャンパス  主催:明治大学
日時:2020年2月22日13:00~16:30
紀州徳川家シンポジウム「紀州徳川家とその時代」
エリア:東京  会場:明治大学 駿河台キャンパス アカデミーコモン3階 アカデミーホール  主催:明治大学
日時:2020年1月9日(木)18:30~20:30(開場 18:10)
「ソーシャルメディア時代の政治と民主主義~その現状と課題~」
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール(JR東京駅丸の内南口から徒歩約1分)  主催:慶應丸の内シティキャンパス
日時:2020年1月31日(金)18:30~20:30(開場 18:10)
「好きなこと“も”仕事にする パラレルキャリアという働き方」
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール(JR東京駅丸の内南口から徒歩約1分)  主催:慶應丸の内シティキャンパス
日時:2020年1月23日(木)18:30~20:30(開場 18:10)
「欧州統合は「脱EU」と「奪EU」に勝てるか?―ブレグジットとポピュリズム」
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール(JR東京駅丸の内南口から徒歩約1分)  主催:慶應丸の内シティキャンパス