2019年7月11日 [Thu]19:00 ~ 21:30(開場18:00)

「橋本治」とはなにものだったのか──優しいお人好しをめぐって

 



  • 会場:ゲンロンカフェ
  • 主催:ゲンロンカフェ
  • 出演者など:  橋爪大三郎 × 仲俣暁生 × さやわか
  • 概要:

    【イベント概要】
    今年(2019年)1月、橋本治が70歳で亡くなった。
    1977年のデビュー作『桃尻娘』に始まり、小説、翻案、戯曲、評論、エッセイなど、
    42年のキャリアで発表した著作は200冊を優に超える。
    橋本治は東大在学中から注目を集めていた。
    東大駒場祭のポスター「とめてくれるなおっかさん 背中のいちょうが泣いている 男東大どこへ行く」はあまりにも有名だ。
    その後イラストレーターを経て小説家としてデビューし、1989年には『男の編み物』で注目を集めた。
    『桃尻語訳 枕草子』『窯変源氏物語』『双調平家物語』など古典の現代語訳、『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』といった文芸評論、歌舞伎・浄瑠璃・義太夫の入門書、時評・社会評論など、分野を超える業績は枚挙に暇がない。
    東大の一年後輩にあたる橋爪大三郎は、橋本治の早すぎる死を悼み、
    彼を「一人で藤原定家、契沖、本居宣長、近松門左衛門、鶴屋南北、
    福沢諭吉、小林秀雄を兼ね備えたようなひと」とたとえている
    (「追悼・橋本治さん 権威から自由 批評鋭く」)。
    評論家の仲俣暁生は橋本治を「未完の『小説家』」とし、
    村上龍、村上春樹、高橋源一郎といったポストモダニズムの作家たちと一線を画す、
    日本の現代文学のキーパーソンと位置づけている
    (「1983年の廃墟とワンダーランド――橋本治という未完の「小説家」について」)。
    しかし橋本治自身が「位置づけ」を拒んでこともあり、その評価はいまだ定まらない。
    ライターのさやわかは、橋本治を自身の仕事のモデルに掲げている
    (「八匹目の終わりと始まり」、『ユリイカ 5月臨時増刊号 (総特集)橋本治』)。
    漫画、ゲーム、映画、文学と題材を選ばず、「何だかよくわからない」書き手。
    そして、冷たい世の中にあって、度を越して「優しすぎるし、お人好しすぎる」人。そういう書き手になろうと思うのだと。
    結局のところ、「橋本治」とはなにものだったのだろうか。
    それぞれの仕方でその仕事を追い続けてきた橋爪大三郎、仲俣暁生、さやわかが、いまだ謎めいた巨人・橋本治を語り尽くす。

  • 申し込みなどの詳細

掲載:
Topページに戻る



New

新着の講演会・トークショー
日時:2020年2月29日13:00~14:30
東京2020オリンピック・パラリンピックの視点 2020年以後の日本のあり方
エリア:東京  会場:中野キャンパス  主催:明治大学
日時:2020年2月22日13:00~16:30
紀州徳川家シンポジウム「紀州徳川家とその時代」
エリア:東京  会場:明治大学 駿河台キャンパス アカデミーコモン3階 アカデミーホール  主催:明治大学
日時:2020年1月9日(木)18:30~20:30(開場 18:10)
「ソーシャルメディア時代の政治と民主主義~その現状と課題~」
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール(JR東京駅丸の内南口から徒歩約1分)  主催:慶應丸の内シティキャンパス
日時:2020年1月31日(金)18:30~20:30(開場 18:10)
「好きなこと“も”仕事にする パラレルキャリアという働き方」
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール(JR東京駅丸の内南口から徒歩約1分)  主催:慶應丸の内シティキャンパス
日時:2020年1月23日(木)18:30~20:30(開場 18:10)
「欧州統合は「脱EU」と「奪EU」に勝てるか?―ブレグジットとポピュリズム」
エリア:東京  会場:丸ビル7階 丸ビルホール(JR東京駅丸の内南口から徒歩約1分)  主催:慶應丸の内シティキャンパス