2019年6月14日[Fri]19:00 ~ 21:30(開場18:00)

東浩紀がいま考えていること──『テーマパーク化する地球』刊行記念

 



  • 会場:ゲンロンカフェ
  • 主催:ゲンロンカフェ
  • 出演者など:  東浩紀
  • 概要:

    ゲンロン叢書 第3弾!!
    東浩紀『テーマパーク化する地球』が、6月11日(火)にいよいよ販売開始。
    ただいま絶賛予約受付中です!!
    ゲンロンショップでは、送料無料キャンペーンを実施しています。
    6月10日(月)24時までのご予約で国内送料無料です!!
    ゲンロンショップ:https://genron.co.jp/shop/products/detail/224
    Amazon:https://t.co/ruJvGJE0HT

    【イベント概要】
    『ゆるく考える』に続く評論集第2弾『テーマパーク化する地球』を刊行しました。『ゆるく考える』は他社刊行ということもあり、また時期的にも震災前のテクストが入っていて、あまりゲンロンの話は入っていないのですが(そしてそれゆえに広い読者向けということができますが)、こちらには、ゲンロン友の会向けの媒体に寄せた原稿がかなり入っており、また時期も震災以降に限定しているので、かなり生々しく、「ゲンロンを経営してきたこの8年間」の軌跡が詰まった本になっています。
     そんな本をめぐって、刊行記念イベントを行います。評論集なので、本の内容をとくに解説するというものでもないのですが、この本が書かれた背景やいま考えていることなどについて、いろいろひとりで話します。だれかを聞き手にして……ということも考えたのですが、いままでの経験的に、だれを聞き手にしたところで、結局はそのひとに遠慮して話したいことを話せなくなるようなので、今回は覚悟を決めてひとりで話すことにしました。『テーマパーク化する地球』には紀行文も多く入っているので、写真なども見せます。
     いつものような無限延長の対談形式ではなく、1時間半ほどひとりで話して、そのあと質疑応答みたいな感じを考えています。ひさしぶりに、読者のみなさんと一対一で向かい合いたいと思います。関心のあるかたはぜひご来場ください。イベント後はサイン会も行います。
    (東浩紀)
    ▪︎

    東浩紀『テーマパーク化する地球』(ゲンロン)
    ゲンロン叢書003
    ソフトカバー・四六判 本体410頁 2019年6月発行 ISBN:978-4-907188-31-3
    哲学し、対話し、経営する
    悩める批評家の軌跡
    ぼくたちは、
    人間であり続けるために、
    等価交換の外部を
    いつも必要としている
    批評家として、哲学者として、そして経営者として、独自の思索と実践を積み重ねてきた東浩紀。
    その震災以降の原稿から47のテクストを選び出し、「世界のテーマパーク化」「慰霊と記憶」「批評の役割」を軸に配列した評論集。
    世界がテーマパーク化する〈しかない〉時代に、人間が人間であることはいかにして可能か。
    平成に併走した批評家が投げかける、令和時代の新しい航海図。

  • 申し込みなどの詳細

掲載:
Topページに戻る



New

新着の講演会・トークショー
日時:2019年9月9日(月) 19:00~(30分前に開場)
代官山 蔦屋書店 文芸フェスティバル2019 秋の陣:第1夜 松浦寿輝先生×野崎歓先生 スペシャルトークショー
エリア:東京  会場:蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース  主催:蔦屋書店
日時:2019年9月9日 月曜日 13時00分~17時00分
社会課題から読み解く「水・衛生問題」 ~SDGs・防災・減災へのアプローチ~
エリア:東京  会場:京都アカデミアフォーラムin丸の内(新丸の内ビルディング10階)   主催:京都大学
日時:2019年9月8日 13時30分~15時
地下から探る宇宙と素粒子ーニュートリノと重力波ー
エリア:北陸  会場:富山国際会議場3階メインホール(富山県富山市大手町1−2)  主催:東京大学
日時:2019年9月7日(土)16:00~
「center position みながわ千遥1st.写真集」発売記念 みながわ千遥さん握手会
エリア:東京  会場:グランデ(神保町)7F   主催:書泉
日時:2019年9月7日(土)13:00-17:30
ロボットベンチャーの成功を考える
エリア:東京  会場:早稲田キャンパス 11号館 501号室  主催:早稲田大学