2019年4月15日 (月) 19:00~20:30(開場時間18:30)

秋満吉彦さん×若松英輔さん トークイベント 『行く先はいつも名著が教えてくれる』(日本実業出版社刊) 刊行記念

 



  • 会場:本店 8F ギャラリー
  • 主催:八重洲ブックセンター
  • 出演者など:  秋満 吉彦 (あきみつ よしひこ) NHKエデュケーショナル部長プロデューサー。1965年生まれ。熊本大学大学院文学研究科修了。1990年NHK入局。「BSマンガ夜話」「土曜スタジオパーク」「日曜美術館」「小さな旅」などを制作。その後、千葉発地域ドラマ「菜の花ラインに乗りかえて」「100分de平和論」(ギャラクシー賞奨励賞・放送文化基金賞優秀賞)、「100分 de 手塚治虫」などをプロデュース。現在、NHK・Eテレの教養番組「100分de名著」のプロデューサーを担当。著書に『行く先はいつも名著が教えてくれる』(日本実業出版社)、『仕事と人生に活かす「名著力」』(生産性出版)、小説「狩野永徳の罠」(『立川文学Ⅲ』所収、けやき出版)、共著に『100分de名著 名作セレクション』(文藝春秋)。   若松 英輔 (わかまつ えいすけ)  東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授、批評家。1968年生まれ。慶應義塾大学文学部仏文学科卒業。「越知保夫とその時代 求道の文学」で三田文学新人賞受賞。『小林秀雄 美しい花』(文藝春秋)で角川財団学芸賞受賞。最新刊『考える教室 大人のための哲学入門』(NHK出版)、『キリスト教講義』(山本芳久氏と共著、文藝春秋)、『叡知の詩学 小林秀雄と井筒俊彦』(慶應義塾大学出版会)、『魂にふれる 大震災と、生きている死者』『池田晶子 不滅の哲学』(トランスビュー)、『吉満義彦 詩と天使の形而上学』『内村鑑三 悲しみの使徒』(岩波書店)、『生きる哲学』(文春新書)、『悲しみの秘義』(ナナロク社)、『イエス伝』(中央公論新社)、『常世の花 石牟礼道子』(亜紀書房)など。        
  • 概要:

    『イエス伝』『小林秀雄 美しい花』などの著書がある詩人、文学者、批評家で、東京工業大学教授の若松英輔さんをお迎えして、このたび『行く先はいつも名著が教えてくれる』(日本実業出版社)を書き上げた「100分de名著」プロディーサーの秋満吉彦さんとの「名著論セッション」を開催します。岡倉天心『茶の本』、ガンディー『獄中からの手紙』、三木清『人生論ノート』、ミヒャエル・エンデ『モモ』といった秋満さんが同書のために選んだ名著たちと、生きること、働くこと、考えること、そして本を読むことをめぐる、楽しくて深い、熱いトークが期待できます。若松さんは「100分de名著」の講師の常連、番組の裏話も飛び出すでしょう。
    ※トークショー終了後、秋満吉彦さん、若松英輔さんの書籍をご購入の方には、サインをお入れします。



    日時
    2019年4月15日 (月) 19:00~20:30(開場時間18:30)


    会場
    本店 8F ギャラリー


    募集人員
    参加定員 : 80名(申し込み先着順) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。


    申込方法
    1階カウンターに参加対象書籍をご用意します。参加ご希望の旨をお申し付けください。
    ご購入いただきましたら参加券をお渡しします。参加券1枚につき1名様のご参加となります。
    またはお電話でも、ご参加のお申込みを承ります。 (受付電話番号:03-3281-8201)
    電話予約の方も、参加対象書籍をご購入いただき、参加券をお受け取りいただいてから、ご入場となります。
    当日開演時間までにお求めください。開演1時間前からは、8階で受付をいたします。
    ▼参加対象書籍  :『行く先はいつも名著が教えてくれる』(日本実業出版社刊、本体価格1,400円)
    ★八重洲ブックカードゴールド会員の方は、ご予約のみでご入場いただけます。ご入場の際にゴールドカードをご提示ください。
     



    主催
    主催:八重洲ブックセンター   協賛:日本実業出版社






    秋満 吉彦 (あきみつ よしひこ)
    NHKエデュケーショナル部長プロデューサー。1965年生まれ。熊本大学大学院文学研究科修了。1990年NHK入局。「BSマンガ夜話」「土曜スタジオパーク」「日曜美術館」「小さな旅」などを制作。その後、千葉発地域ドラマ「菜の花ラインに乗りかえて」「100分de平和論」(ギャラクシー賞奨励賞・放送文化基金賞優秀賞)、「100分 de 手塚治虫」などをプロデュース。現在、NHK・Eテレの教養番組「100分de名著」のプロデューサーを担当。著書に『行く先はいつも名著が教えてくれる』(日本実業出版社)、『仕事と人生に活かす「名著力」』(生産性出版)、小説「狩野永徳の罠」(『立川文学Ⅲ』所収、けやき出版)、共著に『100分de名著 名作セレクション』(文藝春秋)。
     
    若松 英輔 (わかまつ えいすけ) 
    東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授、批評家。1968年生まれ。慶應義塾大学文学部仏文学科卒業。「越知保夫とその時代 求道の文学」で三田文学新人賞受賞。『小林秀雄 美しい花』(文藝春秋)で角川財団学芸賞受賞。最新刊『考える教室 大人のための哲学入門』(NHK出版)、『キリスト教講義』(山本芳久氏と共著、文藝春秋)、『叡知の詩学 小林秀雄と井筒俊彦』(慶應義塾大学出版会)、『魂にふれる 大震災と、生きている死者』『池田晶子 不滅の哲学』(トランスビュー)、『吉満義彦 詩と天使の形而上学』『内村鑑三 悲しみの使徒』(岩波書店)、『生きる哲学』(文春新書)、『悲しみの秘義』(ナナロク社)、『イエス伝』(中央公論新社)、『常世の花 石牟礼道子』(亜紀書房)など。
     
     
     
     

  • 申し込みなどの詳細

掲載:
Topページに戻る



New

新着の講演会・トークショー
日時:2020年7月4日13:30~15:00
大岡信と夏目漱石 詩人と散文精神
エリア:東京  会場:明治大学 駿河台キャンパス  主催:明治大学
日時:2020年7月18日(土)13:30~15:00
7基のピラミッドの3D計測調査と建造研究
エリア:東海  会場:名古屋大学博物館講義室  主催:名古屋大学
日時:2020年7月18日14:00~16:30
世界の民族音楽を聴く-第3講-【第111回】「遙かなる森の国ルーマニアからの音色~パンフルートの調べ」 ―レクチャー&コンサート―
エリア:東京  会場:駿河台キャンパス グローバルフロント1階 グローバルホール(予定)  主催:明治大学
日時:2020年7月17日、18日10:30~15:30
伊勢物語VS源氏物語 創造力の源泉
エリア:東京  会場:明治大学 駿河台キャンパス  主催:明治大学
日時:2020年6月8日(月)19:00~20:30(開場18:30)
文系こそ、データを味方に! 明日から使えるデータサイエンス入門──SPBS THE SCHOOL「数の美学」
エリア:  会場:SPBS TORANOMON(東京都港区虎ノ門1-17-1 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 2F)  主催:SPBS