2018年11月26日 Mon

赤上裕幸×吉川浩満「『もうひとつの世界』をつかむ思考とは?」『「もしもあの時」の社会学~歴史にifがあったなら』(筑摩書房)刊行記念

 



  • 会場:本屋B&B 世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
  • 主催:東京・下北沢 本屋B&B
  • 出演者など
  • 概要:

    「もしも、あの時、~していたら」……。誰しも一度や二度は、そう思ったことがあるはず。

    何か決断を迫られたときに、AではなくBを選んでいたなら、Zだったかもしれない……。そうした思考法を、もっともっと拡張していったなら、どのような可能性がひらけてくるでしょうか?

    82年生まれの社会学者・赤上裕幸さんが、そんなテーマに真正面から挑み、まとめ上げたのが『「もしもあの時」の社会学:歴史にifがあったなら』。

    SFのP.Kディック、歴史学のファーガソン、哲学のベンヤミン、社会学の大澤真幸――。こうした人たちの思考を取り上げ、「歴史のif」の可能性を探究した、チャレンジングな一冊です。

    この書の刊行を記念し、話題書『人間の解剖はサルの解剖のための鍵』を今夏、刊行した吉川浩満さんをお招きし、「歴史のif」をめぐって、あれこれ語り合う120分。

    哲学から科学、芸術まで幅広く関心の対象としてきた吉川さんと、82年生まれの気鋭の社会学者である赤上さん。

    『猿の惑星』などSFから、ハードな思想・学問まで縦横無尽のトークが繰り広げられること、請け合いです。

    ぜひ、お越し下さい!

    【出演者プロフィール】
    赤上裕幸(あかがみ・ひろゆき)
    1982年生まれ。京都大学大学院教育学研究科教育科学専攻博士後期課程修了。博士(教育学)。現在、防衛大学校人文社会科学群公共政策学科准教授。メディア史、社会学を専攻。『ポスト活字の考古学――「活映」のメディア史1911-1958』(柏書房)、『歴史のゆらぎと再編(岩波講座 現代 第5巻)』(共著、岩波書店)、『近代日本のメディア議員――〈政治のメディア化〉の歴史社会学』(共著、創元社)などがある。

    吉川浩満(よしかわ・ひろみつ)
    1972年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。国書刊行会、ヤフーを経て、文筆業。関心領域は哲学・科学・芸術、犬・猫・鳥、卓球、ロック、映画、単車など。著書に『理不尽な進化――遺伝子と運のあいだ』(朝日出版社)、『脳がわかれば心がわかるか――脳科学リテラシー養成講座』(山本貴光との共著、太田出版)、『問題がモンダイなのだ』(山本貴光との共著、ちくまプリマ―新書)、『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』(河出書房新社)などがある。

  • 申し込みなどの詳細

掲載:
Topページに戻る



New

新着の講演会・トークショー
日時:2019年7月6日13:30~15:00
ハラール・ビジネスを探る -政治経済的背景と事業展開-
エリア:東京  会場:明治大学 駿河台キャンパス  主催:明治大学
日時:2019年7月2日19:00~20:30
「自ら考える、動く、繋げる」 ~強みを最大化する~
エリア:東京  会場:駿河台キャンパス グローバルフロント1階 グローバルホール(予定)  主催:明治大学
日時:2019年7月27日14:00~15:30
見えているのに見えていない! 立体錯視の最前線 博物館特別展開催記念講座
エリア:東京  会場:明治大学 駿河台キャンパス  主催:明治大学
日時:2019年7月20日~22日10:30~15:30
源氏物語と神話・信仰
エリア:東京  会場:明治大学 駿河台キャンパス  主催:明治大学
日時:2019年7月20日14:00~16:30
世界の民族音楽を聴く-第3講-「ジャワのガムランを知る、見る、聴く」 ―レクチャー&コンサート―
エリア:東京  会場:明治大学 駿河台キャンパス   主催:明治大学