2020年7月18日14:00~16:30

世界の民族音楽を聴く-第3講-【第111回】「遙かなる森の国ルーマニアからの音色~パンフルートの調べ」 ―レクチャー&コンサート―

東京 文学・音楽・演劇・映画



  • 会場:駿河台キャンパス グローバルフロント1階 グローバルホール(予定)
  • 主催:明治大学
  • 出演者など
  • 概要:

    期間 2020年7月18日
    回数 1回
    曜日 土
    時間 14:00~16:30
    定員 150名
    リバティアカデミー会員料金 2,000円(税別)
    一般料金 2,000円(税別)
    キャンパス 駿河台キャンパス

    講座趣旨
    民族音楽は、いうまでもなく世界各地に赴き、人々の生活に触れ、現地の楽士の演奏するものを聴くのが一番よい機会ではありますが、現実にはなかなか難しいものです。このオープン講座では2000年度からリバティアカデミー教養・文化講座『民族音楽紀行』を担当された故江波戸昭先生(明治大学名誉教授・地理学)の遺志を受け継ぎ、日本在住のトップクラスの演奏家をお招きし、それぞれの分野での音楽や楽器、さまざまな歴史・社会・文化的背景などのお話をしていただきながら、みなさんに楽しいレクチャー&コンサートのひとときを共遊していただきます。【今年度のテーマは「ユーラシアの音を求めて」です。】

    ■コーディネータ 石川 修次(元明治大学付属中野中学校・高等学校教諭)

    -----------------------------------------------
    遙かなる森の国ルーマニアからの音色~パンフルートの調べ
    -----------------------------------------------

    解説:川上・L・れい子 (明治大学ルーマニア文化研究所 客員研究員)
    演奏:櫻岡史子 (パンフルート演奏家、ルーマニア・ナイ=パンフルート研究家)

    ヨーロッパ中央南部に位置するルーマニアでは、ギリシャ神話に由来するパンフルート(=ナイ)が今でも大切に演奏されています。バルカン半島にありながらラテン語民族である歴史から、さまざまな文化が入り交じる民族音楽にも取り入れられ、名演を残してきたゲオルゲ・ザンフィル氏でも知られるナイには、ルーマニアが歩んできた激動の歴史のような激しさ・歓び・哀しみ、そして豊かな自然を唄う曲がたくさんあります。素朴で優しい音色を奏でるパンフルートを、ルーマニアの風景と共にお楽しみください。

    特記事項
    【申込方法】事前予約制となります(全席自由、先着150名)。
    「お電話」か「右上(もしくは右下)の赤いボタン」からお申し込みください。
    TEL 03-3296-4423(平日10:30~19:00、土曜10:30~15:30)

    ■この講座は「オープン講座」であり、会員以外の方でもご受講いただけます。
    ※ただし、会員になることはできません。

    ■受講料は、事前にお支払が必要です。受付の際に『受講のご案内』をご提示ください。

    ■会場:駿河台キャンパス グローバルフロント1階 グローバルホール(予定)
    駿河台キャンパスは、JR「御茶ノ水駅」徒歩3分、丸ノ内線「御茶ノ水駅」徒歩3分、千代田線「新御茶ノ水駅」徒歩5分、新宿線・半蔵門線・三田線「神保町駅」徒歩5分です。

    ■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

    ■開場: 13:30

    ※お知らせ※
    2020年度春期リバティアカデミー講座について,予定どおり募集を受け付けますが,新型コロナウイルス等感染症の状況により,今後,縮小・延期・中止等の判断を行う可能性があります。
    リバティアカデミーから発信される情報をこまめに確認するようお願いします。(2020年2月27日)

    講師紹介

    川上・ L・れい子 (カワカミ レイコ)
    ルーマニア観光局公認アドバイザー、明治大学ルーマニア文化研究所客員研究員
    慶應義塾大学文学部卒。英・伊・ルーマニアと海外生活10年。その間 外資系企業勤務の傍ら、現地情報を提供。ニュースサイト・機内誌・映画パンフレット等に執筆、大使館等で広く文化についての講座を担当、ワイン会・展示企画も行う。2015年度より明治大学リバティアカデミー講座(春期)「ルーマニアの魅力」講師を担当。共著に「東欧のかわいい陶器」(誠文堂新光社)。映画「エリザのために」(FINEFILMS)字幕監修。ルーマニア情報ブログ(URL:http://go2rumania.exblog.jp)運営。

    櫻岡 史子 (サクラオカ フミコ)
    パンフルート演奏家、ルーマニア・ナイ=パンフルート研究家
    8歳からパンフルートを始める。パンフルートの音色に魅了され、本場ルーマニアでパンフルート奏法を学ぶ。ルーマニアを代表するナイ=パンフルート奏者ゲオルゲ・ザンフィル氏の弟子達による国際パンフルートマスタークラスを修了。ブカレスト国立音楽大学パンフルート科特別レッスン受講。第14回ルーマニア国際音楽コンクールオーディエンス賞を受賞。在ルーマニア日本国大使館のご協力により、ルーマニア大使公邸にてパンフルートリサイタルを開催。RaduNechiforに師事。

    石川 修次 (イシカワ シュウジ)
    元明治大学付属中野中学校・高等学校教諭
    2005年度、09年度、11年度、13年度、15年度、17年度、18年度オープン講座レクチャー&コンサート「世界の民族音楽を聴く」出演者。1950年東京都に生まれる。國學院大學卒業後、明治大学付属中野中学高等学校の教員となり、現在に至る。大学では民俗学を学び、日本各地の民俗調査に携わる。中学時代にアメリカのフォークソングに出会い、1965年から5弦バンジョーを弾き始める。特にトラディショナル・フォーク・ミュージックに深い関心を持ち、伝承者の「人となり」を研究している。またバンジョーについての興味は尽きることなく、現在も19世紀後半から現代に至るバンジョーをめぐる文化的・社会的・歴史的背景について研究を続けている。

  • 申し込みなどの詳細

掲載:
Topページに戻る



New

新着の講演会・トークショー
日時:2020年7月4日13:30~15:00
大岡信と夏目漱石 詩人と散文精神
エリア:  会場:明治大学 駿河台キャンパス  主催:明治大学
日時:2020年7月18日(土)13:30~15:00
7基のピラミッドの3D計測調査と建造研究
エリア:東海  会場:名古屋大学博物館講義室  主催:名古屋大学
日時:2020年7月18日14:00~16:30
世界の民族音楽を聴く-第3講-【第111回】「遙かなる森の国ルーマニアからの音色~パンフルートの調べ」 ―レクチャー&コンサート―
エリア:東京  会場:駿河台キャンパス グローバルフロント1階 グローバルホール(予定)  主催:明治大学
日時:2020年7月17日、18日10:30~15:30
伊勢物語VS源氏物語 創造力の源泉
エリア:東京  会場:明治大学 駿河台キャンパス  主催:明治大学
日時:2020年6月8日(月)19:00~20:30(開場18:30)
文系こそ、データを味方に! 明日から使えるデータサイエンス入門──SPBS THE SCHOOL「数の美学」
エリア:  会場:SPBS TORANOMON(東京都港区虎ノ門1-17-1 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 2F)  主催:SPBS