2020年7月17日、18日10:30~15:30

伊勢物語VS源氏物語 創造力の源泉

東京 歴史



  • 会場:明治大学 駿河台キャンパス
  • 主催:明治大学
  • 出演者など
  • 概要:

    期間 2020年7月17日 ~ 2020年7月18日
    回数 4回
    曜日 金・土
    時間 10:30~15:30
    定員 100名
    リバティアカデミー会員料金 4,000円(税別)
    一般料金 4,000円(税別)
    キャンパス 駿河台キャンパス
    アカデミー・ポイント −

    講座趣旨
    伊勢物語と源氏物語は、ともに後世の文学をはじめ、芸能や美術工芸のモチーフとされてきました。いわば「創造力の源泉」とも言える魅力が両作品にはあります。また、源氏物語には、「在五中将(在原業平)の名(名声)をば、えくたさじ(おとしめてはなりますまい)」(絵合巻)という藤壺の言葉が記されています。このように擁護された伊勢物語の主人公は、光源氏同様、后への恋に身を焦がした人でした。源氏物語自体、伊勢物語から多大な影響を受けています。さらにその受容において、両作品に違いはあるのか、特徴はあるのか、講師の先生方のお話を通して考えていく予定です。今回も講義時間の間に、質問用紙を通してフロアーとの交流を図ります。源氏物語に興味がある方はもちろん、芸能や演劇に興味がある方もぜひお気軽にご参加ください。

    特記事項
    【後援】千代田区

    ■受講料 4,000円(税別)

    【申込方法】 事前予約制です(全席自由、先着100名)
    「お電話」か「右上(もしくは右下)の赤いボタン」からお申し込みください。
    TEL 03-3296-4423(平日10:30~19:00、土曜10:30~15:30)

    ■ この講座は「オープン講座」であり、会員以外の方でもご受講いただけ
    ます。※ただし、会員になることはできません。

    ■受講料は、事前にお支払いが必要です。受付の際に会員の方は『会員証』を、一般の方は『受講のご案内』をご提示ください。

    ■会場:明治大学 駿河台キャンパス
    ※駿河台キャンパスは、JR「御茶ノ水」徒歩3分、丸の内線「御茶ノ水」徒歩3分、千代田線「新御茶ノ水」徒歩5分、新宿線・半蔵門線・三田線「神保町」徒歩5分です。

    ■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

    ※お知らせ※
    2020年度春期リバティアカデミー講座について,予定どおり募集を受け付けますが,新型コロナウイルス等感染症の状況により,今後,縮小・延期・中止等の判断を行う可能性があります。
    リバティアカデミーから発信される情報をこまめに確認するようお願いします。(2020年2月27日)

    講義概要
    1 2020/07/17 伊勢から源氏へ─受け継がれるもの 伊勢と源氏、作品自体のあり方、特徴についてお話します 湯淺
    2 2020/07/17 落語で感じる伊勢物語-「ちはやふる」の魅力 伊勢を題材にした落語「ちはやふる」の実演後、研究者との対談を行ないます 三遊亭
    3 2020/07/18 伊勢と源氏─能の世界 能楽研究者の視点から、伊勢と源氏を題材にした能についてお話します 伊藤
    4 2020/07/18 宝塚の源氏物語─愛の物語として 源氏物語研究者の視点から、宝塚で上演される源氏物語についてお話します 橋本

    講師紹介

    湯淺 幸代 (ユアサ ユキヨ)
    明治大学文学部准教授
    1975年福岡県生まれ。明治大学大学院博士後期課程修了。 博士(文学)。主な論文に「光源氏の六条院─源融と宇多上皇の河原院から─」(日向一雅編『源氏物語の礎』青簡舎、2012年)「朱雀院行幸の舞人・光源氏の菊の「かざし」─紅葉と菊の「かざし」の特性、及び対照性から─」(『日本文学』第56巻第9号、2007年9月)、「嵯峨天皇と「花宴」巻の桐壺帝―仁明朝に見る嵯峨朝復古の萩花宴を媒介として―」(『中古文学』第76号、2005年10月)がある。

    三遊亭 あら馬 (サンユウテイ アラマ)
    女流落語家
    2000年コンサルタント会社を退職し、日テレ系子会社でアナウンサーに転身。2004年劇団スーパーエキセントリックシアターで役者を経験。2017年三遊亭とん馬に入門。PTA会長を3年務めるなど地域や子ども達への教育活動他、落語の普及、保護者への講演会など精力的に活動中。

    伊藤 真紀 (イトウ マキ)
    明治大学文学部教授
    2001年より明治大学文学部で「伝統演劇論」(「日本演劇史」)の講義を担当。近年の論文に「能舞台に上がった女性たち―大正11年の「淡路婦人能」をめぐって」(日本演劇学会紀要『演劇学論集』56)など。

    橋本 ゆかり (ハシモト ユカリ)
    首都大学東京非常勤講師
    東京女子大学大学院修了。名古屋大学大学院修了。博士(文学)。単著『源氏物語 の〈記憶〉』、主要論文「宝塚歌劇『あさきゆめみしⅡ』と『源氏物語』」(『源氏物語 煌 めくことばの世界Ⅱ』)、「光源氏の青海波と「袖振り」――「禁忌の恋」と「魂乞ひ」の 記憶」(『物語研究』(機関誌)第 17 号)、「『源氏物語』第三部における「衣」――変奏 する〈かぐや姫〉たちと〈女の生身〉――」(『王朝文学と服飾・容色』)など。

  • 申し込みなどの詳細

掲載:
Topページに戻る



New

新着の講演会・トークショー
日時:2020年7月4日13:30~15:00
大岡信と夏目漱石 詩人と散文精神
エリア:東京  会場:明治大学 駿河台キャンパス  主催:明治大学
日時:2020年7月18日(土)13:30~15:00
7基のピラミッドの3D計測調査と建造研究
エリア:東海  会場:名古屋大学博物館講義室  主催:名古屋大学
日時:2020年7月18日14:00~16:30
世界の民族音楽を聴く-第3講-【第111回】「遙かなる森の国ルーマニアからの音色~パンフルートの調べ」 ―レクチャー&コンサート―
エリア:東京  会場:駿河台キャンパス グローバルフロント1階 グローバルホール(予定)  主催:明治大学
日時:2020年7月17日、18日10:30~15:30
伊勢物語VS源氏物語 創造力の源泉
エリア:東京  会場:明治大学 駿河台キャンパス  主催:明治大学
日時:2020年6月7日(日)11:00 開始
『脱いだら絶倫 !?Ⅲ 身体の相性で結ぶ契約婚』『俺を、たたせてみろよ2』同月♡発売記念 嶋永のの先生サイン会
エリア:東京  会場:ブックタワー(秋葉原) 9F   主催:書泉