2020年6月13日15:00~16:30

翻訳と教養 翻訳の未来、教養の未来

東京 その他



  • 会場:明治大学 駿河台キャンパス
  • 主催:明治大学
  • 出演者など
  • 概要:

    期間 2020年6月13日
    回数 1回
    曜日 土
    時間 15:00~16:30
    定員 70名
    リバティアカデミー会員料金 1,000円(税別)
    一般料金 1,000円(税別)
    キャンパス 駿河台キャンパス

    講座趣旨
    古来、翻訳は日本の文化と日本人の教養の形成に大きく貢献してきた。特に明治以降、西欧の制度、学問、文化を取り入れるべく、多くの翻訳が行われ、国民の教養もそれによって培われてきた。戦前、戦後に流行した教養主義も欧米からの翻訳の賜物である。しかし今日、こういった教養主義の伝統は失われ、教養の危機が叫ばれている。教養の新しい姿を見つけるためにも、翻訳についても考える必要があるだろう。この講座では、日本を代表する翻訳家の一人であるフランス文学者、野崎歓氏を招いて、本学教養デザイン研究科の岩野卓司が対話をする。日本文学やフランス文学のいくつもの作品を例に挙げながら、それらについての読書体験や翻訳体験を楽しく語り合い、翻訳や教養のありかたについて考え、その未来の姿を探っていく。

    特記事項
    【後援】明治大学教養デザイン研究科 明治大学リベラルアーツ研究所

    ■受講料 1,000円(税別)
    ※受講料は、事前にお支払いが必要です。

    【申込方法】 事前予約制です(全席自由、先着70名)
    TEL 03-3296-4423(平日10:30~19:00、土曜10:30~15:30)

    ■リバティアカデミーオープン講座は、会員の方以外でも受講いただけます。
    ※ただし、会員になることはできません。

    ■会場:明治大学 駿河台キャンパス
    ※駿河台キャンパスは、JR「御茶ノ水」徒歩3分、丸の内線「御茶ノ水」徒歩3分、千代田線「新御茶ノ水」徒歩5分、新宿線・半蔵門線・三田線「神保町」徒歩5分です。

    ■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

    ※お知らせ※
    2020年度春期リバティアカデミー講座について,予定どおり募集を受け付けますが,新型コロナウイルス等感染症の状況により,今後,縮小・延期・中止等の判断を行う可能性があります。
    リバティアカデミーから発信される情報をこまめに確認するようお願いします。(2020年2月27日)

    講師紹介

    野崎 歓 (ノザキ カン)
    放送大学教授・東京大学名誉教授。専門はフランス文学・映画論。著書に『異邦の香り』など多数。訳書に『浴室』など多数。

    岩野 卓司 (イワノ タクジ)
    明治大学大学院教養デザイン研究科長・明治大学法学部教授
    現代フランスの思想から、精神分析、現象学、宗教哲学までを研究対象としています。また、料理や衣服のような日常的なものについても哲学的関心があります。フランス留学時代は、パリの屋根裏部屋で貧乏生活をしていました。著訳書:『ジョルジュ・バタイユ -神秘経験をめぐる思想の限界と新たなる可能性-』(2010)、ラクシモヴ、『失われたパリを求めて -マルセル・プルーストが生きた街』(春風社)(共訳)(2010)

  • 申し込みなどの詳細

掲載:
Topページに戻る



New

新着の講演会・トークショー
日時:2020年7月4日13:30~15:00
大岡信と夏目漱石 詩人と散文精神
エリア:東京  会場:明治大学 駿河台キャンパス  主催:明治大学
日時:2020年7月18日(土)13:30~15:00
7基のピラミッドの3D計測調査と建造研究
エリア:東海  会場:名古屋大学博物館講義室  主催:名古屋大学
日時:2020年7月18日14:00~16:30
世界の民族音楽を聴く-第3講-【第111回】「遙かなる森の国ルーマニアからの音色~パンフルートの調べ」 ―レクチャー&コンサート―
エリア:東京  会場:駿河台キャンパス グローバルフロント1階 グローバルホール(予定)  主催:明治大学
日時:2020年7月17日、18日10:30~15:30
伊勢物語VS源氏物語 創造力の源泉
エリア:東京  会場:明治大学 駿河台キャンパス  主催:明治大学
日時:2020年6月7日(日)11:00 開始
『脱いだら絶倫 !?Ⅲ 身体の相性で結ぶ契約婚』『俺を、たたせてみろよ2』同月♡発売記念 嶋永のの先生サイン会
エリア:東京  会場:ブックタワー(秋葉原) 9F   主催:書泉